本文へスキップ

外壁塗装や屋根塗装のサイクルってどれくらい?

なぜ外壁塗装をするのかなどを紹介するサイト『日本の中心名古屋は外壁塗装の頻度少?

『日本の中心名古屋は外壁塗装の頻度少?』では外壁塗装ついて解説します。

住宅の経年劣化は避けられません。特に外壁や屋根は、住宅の見栄えに大きくかかわる部分なので気を配りたいところです。 壁や屋根の手入れを怠ると見栄えの問題だけでなく、雨漏りや雨水の侵入を招き、住宅の寿命を縮めてしまいます。 そうなる前に外壁塗装・屋根塗装や防水工事をすることで未然に防ぎましょう。

外壁塗装の意義

  • 長年住んでいる住宅の外壁塗装工事、一戸建てや注文住宅の屋根塗装工事は数年おきに やりましょうと言われますが、リフォームでもないのに何故やらなければいけないのか 不思議に思う人もいるのではないでしょうか。 数十万円もの費用をかけるのだから必要性を理解していなければもったいなく感じて しまうでしょうし、家計が苦しかったら先延ばしにしたりキャンセルしてそのお金で 回転寿司を一家で食べに行こうと企画してしまいそうです。 ですが外壁塗装をさぼると住宅の寿命を縮めてしまうことを知っていれば、そのお寿司 は食べないほうがいいことに気がつくはずです。

外壁塗装の点検

  • 数日や数週間で大きく劣化することはありませんので、外壁の点検は頻繁にする必要 はありませんが、数年ごとに忘れずにやらなけれななりません。 だいたい4〜5年に1回はきちんとした点検を行いましょう。 外壁塗装は工事後約5年経過すると防水性能が弱まってくるので、それを念頭において 点検・メンテナンスをしていきます。 防水できないまま放置しておくと雨水が家屋の木材部分を腐らせてしまい、建物の 強度を著しく低下させてしまう恐れもあります。

外壁に塗る塗装材

  • 外壁塗装工事で下地になるモルタルに塗られる樹脂系の塗装材には、フッソ樹脂塗料・ アクリル樹脂塗料・ウレタン樹脂塗料・シリコン樹脂塗料があります。 どれもカタカナが入っていてかっこよさそうですが、名前から受ける印象だけで性能を 決め付けるのはよくありません。 それは浅はかな考えですので、それぞれの塗料の持つ特徴を良く理解してどれにするか を決めましょう(業者側が指定したり決める場合もありますが)。 また弾性アクリル塗料というのもありますが、これは弾性すなわちゴムの特性を持って おりひび割れのある外壁によく使用されます。

外壁のリフォーム

  • 外壁塗装をする際、思い切って大掛かりな外壁リフォームをしてしまおうという 考えが頭をよぎることもあります。 色を変えるだけでなくそのものを新品同様の美しさに仕上げるリフォームは、住宅の 外観を毎日最高レベルに保ちたい欲張りな方に大人気です。 ただの外壁塗装工事よりも高い見積もりを出されるでしょうが得られる物も多いので、 家の周りをグルっと一周してみて「ペンキ塗るだけじゃいまいちだな、お隣さんよりも 素敵な住宅にするにはリフォームしかない」と肌で感じられたのなら一歩進んだ リフォームをしてみるのもいいでしょう。