本文へスキップ

風化しやすい土地では外壁塗装のサイクルもお早めに。

外壁のリフォーム

外観の回復

日本の中心名古屋は外壁塗装の頻度少?/外観の回復

住宅が美しく見えるかどうかは外観にかかってることは、これまで多数の建造物を 何年も何十年も見続けてきた人でなくとも知っているでしょう。 所々崩れ落ちていたり穴が開いてたりデコボコがあったり色あせている住宅があると、 「昔は大きくて立派な建物だと羨望の眼差しを集めていたんだろうけど今じゃ全く 見る影もないな。大きいのはいいけど手入れを怠ったせいで住みたくない雰囲気だ」 と声にはださなくても心の中で思ってしまいます。 住宅を美しく魅せるにはお洒落な家具や高価な絨毯だけがあればいいわけではなく、 外から見た時に受ける印象を良くしなければいけません。 具体的にはメンテナンスとして外壁塗装をしたり植木のお手入れをしたり、近所の方や 通行人からも一目でわかる部分に気を使うことです。 外壁の塗装をすることで第一印象は大きく変化し、築10年の住宅でも新築したばかり のように素敵なマイホームへと生まれ変わります。 女性がお化粧を直すように、建築物も塗装しなおしてあげることで輝きを取り戻す ことができるので外壁のリフォームは人気です。


木材を使ったリフォーム

昔は良くあったのですが最近は少なくなった外壁材に、天然素材のヒノキやスキなど 温かみのある木材が挙げられます。 木造住宅に住んでいたことのある人なら経験から分かっていることですが、木材は 通気性に優れていて落ち着く雰囲気も最高の、大人も子供も親しみやすい素材です。 山間部や海岸沿いに住んでいる人なら満喫しているでしょうが、大阪や名古屋など 高層ビルが立ち並ぶ都会では自然に飢えている大勢の人が癒しを求めています。 なので住居にも木材を多く使用したい、そんな思いもあり今まではあちこちで木材の 外壁を目にしたのですが、ここ数年でめっきり減ってしまったようです。 その理由は木材のデメリットでもある耐火性能の低さに関係があるようで、火災が 発生した場合のことを考えると木材では心配だと避けられるようになったようです。 ですが不燃木材という燃えにくい木材も開発されましたし、これから再び木材の外壁 へとリフォームをする方が増えるかもしれません。


サイディングにリフォーム

古いモルタルの外壁を「ボチボチ塗装しなおす頃合かな、みすぼらしく感じられるし」 と眺めている人がいたらサイディングへのリフォームを提案します。 これはボード状の外壁材で、断熱性能や遮音性能に優れているため生活の質を向上 させるのに一役買ってくれるアイテムです。 断熱材の表面をメッキで覆っているような感じで、強度はモルタルと比較しても優秀 なことは折り紙つきです。 他にも木質系サイディングや窯業系サイディングなどもあり、芸術的な観点からも 不満が出ることはありません。 リフォームの方法ですが今あるモルタルの上にサイディングを貼り付ける重ね張りと、 モルタルを除去して新たにサイディング張る張替えがあります。 どちらにするかは業者と相談して都合のよさそうな方を選べばよいですが、短期間 で終わらせたければ重ね張りのほうが作業工程も少ないので速いはずです。